遺言書の作成・添削は、埼玉県川口市にある遺言書作成サポート専門の行政書士小山事務所へお任せください。

HOME » 業務日誌 » 遺言がない場合の法律上の相続①配偶者は常に相続人になれる

遺言がない場合の法律上の相続①配偶者は常に相続人になれる

2010/05/27

人が亡くなったとき、亡くなった人の財産は、妻や子などに引き継がれます。これを相続といいます。

この財産とは、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も含みます。そして、この相続によって亡くなった人の財産をもらうことができる人のことを相続人といい、財産を遺す人を被相続人といいます。

相続人になることが出来る人は、民法で定められていて、遺言がない限りこれに従うことになります。

例えば、亡くなった人の配偶者は、常に相続人となることが出来ます。しかし、相続人となれる配偶者は婚姻届を出している場合だけで、事実婚などの配偶者はなれません。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 行政書士 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2番19号フューチャー21 201号室
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@yuigonsho-sakusei-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~20時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab