遺言書の作成・添削は、埼玉県川口市にある遺言書作成サポート専門の行政書士小山事務所へお任せください。

HOME » 業務日誌 » 海外の遺言事情

海外の遺言事情

2010/05/24

海外の遺言事情はどのようになっているのでしょうか?

国によって利用程度は異なりますが、どの国にも遺言書を作成することが法律で認められています。

アメリカの場合、日本とは異なり、遺留分(遺産のうち、最低限受領できる権利の割合のこと)が認められている範囲が極めて限られており、遺言書で出来ることが日本よりも広く認められています。実際に、被相続人が自分が死んだ後、遺産を誰にどの程度帰属させる課などの死後の財産設計は、租税制度なども考慮して日本よりも格段に広く行われ、その手段として、遺言書の作成が広く行われています。

中国では、公正証書遺言、自筆証書遺言、気球時の高等遺言というような方式の遺言が定められていますが、遺言が作成されることはあまりなく、法定相続にしたがっているケースが多いようです。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 行政書士 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2番19号フューチャー21 201号室
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@yuigonsho-sakusei-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~20時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab