遺言書の作成・添削は、埼玉県川口市にある遺言書作成サポート専門の行政書士小山事務所へお任せください。

HOME » 業務日誌 » 遺言書がないために招いた悲劇の具体例① 子供のいない夫婦

遺言書がないために招いた悲劇の具体例① 子供のいない夫婦

2010/05/06

A夫とB子という夫婦がいました。A夫は永年ためてきた貯金をはたいて、マンションを買いました。豪邸とまではいきませんでしたが、自分たちの家(我が城)を持てたことに、2人はとても満足していました。夫婦の間に子供はいませんでしたが、新しく買ったマンションで2人は楽しく暮らしていました。
しかし、A夫が不慮の事故で亡くなってしまったのです。最愛の夫を失いB子は悲しみにくれていました。そのときB子に、追い討ちをかけるような悲劇がおきたのです。
まったく親戚づき合いのなかったA夫の兄C男が、A夫の遺産をB子に要求してきたのです。A夫とB子のあいだには子供がおらず、A夫の両親もすでに亡くなっていました。このように子供も親もいないような場合だと、法定相続では亡くなった人の兄弟、つまりC男にも相続させなければならないのです。
夫婦はマンションを買ったばかりで、お金はほとんどなく、財産らしいものはA夫名義のマンションだけでした。そこで、B子はやっと手に入れたばかりのマンションを売りに出して、C男にお金を渡したのです。
この悲劇を避ける方法はなかったのでしょうか。実は、A夫が「財産はすべて妻のB子のもの」という遺言さえ書いて残していれば、兄弟(C男)には遺留分がありませんから、A夫の財産はすべてB子が相続することができたのです。

遺言書作成サポートWEBさいたま(埼玉)
行政書士小山事務所

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

コメントをどうぞ

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 行政書士 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2番19号フューチャー21 201号室
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@yuigonsho-sakusei-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~20時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab