遺言書の作成・添削は、埼玉県川口市にある遺言書作成サポート専門の行政書士小山事務所へお任せください。

HOME » お知らせ

お知らせ

お客様アンケート

2017/08/25

熊谷公証役場にて、公正証書遺言を作成されました。

熊谷公証役場を利用するのは久し振りでしたが、公証人の先生ならびに事務員の方のご対応もスムーズで、大変助かりました。

依頼者はお若い方でしたが、将来のことを考えて遺言書の作成をご依頼されました。

ご依頼ありがとうございました。

 

 

20170822_112021-2

CCI20170825

1月24日火曜日は終日臨時休業とさせて頂きます。

2017/01/22

1月24日火曜日は終日臨時休業とさせて頂きます。

電話にての対応ができません。

メールでのお問い合わせは、通常通り可能です。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

行政書士 小山祐介

新年度営業開始のお知らせ

2017/01/04

新年あけましておめでとうございます。

新年度は1月5日より営業開始致します。

本年度も宜しくお願い致します。

行政書士 小山事務所

 

 

 

<法制審>配偶者3分の2相続「困難」 意見公募で反対多く

2016/10/19

相続法制の見直しを検討する法制審議会(法相の諮問機関)の部会は18日、遺産分割時の配偶者の法定相続分を現行の2分の1から「3分の2」に引き上げることなどを柱とした中間試案について、「試案のままで議論を進めるのは困難」との意見で一致した。同審議会は今後、試案の修正か、代案を検討する。

法制審は6月、中間試案をとりまとめた。法務省が7~9月に意見公募を実施したところ、「配偶者の相続分のみを一律に増加させることは相当ではない」などの反対意見が多数を占めたという。法制審はこの結果を受けて判断した。

中間試案は、配偶者の相続分を(1)結婚後に相続財産が一定以上増加した(2)婚姻期間が長期だった--などの場合に増加させるものだった。しかし、意見公募の結果、(1)について「婚姻後の財産増加額の算定を巡って相続の紛争が複雑化する」、(2)については「夫婦関係が破綻して、配偶者の貢献が認められない場合でも相続分が増加し、公平を害する」など、いずれも反対意見が多数だったという。意見公募には団体や個人から計167件の意見が寄せられた。

夏季休業のお知らせ<7月29日(水)~8月2日(日)>

2015/07/09

7月29日(水)から8月2日(日)まで、夏季休業とさせて頂きます。

 

6月10日(水曜日)は臨時休業させて頂きます。

2015/06/09

6月10日(水曜日)は臨時休業とさせて頂きます。

恐れ入りますが、宜しくお願い致します。

 

お客様の声、2件追加します(公正証書遺言作成サポート)

2015/04/14

公正証書遺言作成のお客様の声を掲載します。

日常の世話をしてもらっている長女の方へ財産を残したいというご希望でした。

公証人に自宅まで出張してもらい作成しました。

アンケートは長女の方に書いて頂きました。

公正証書遺言・財産管理委任契約、任意後見契約書の作成サポートをご依頼頂きましたお客様の声です。

精神疾患のお子様がいらっしゃるとのことで、その方の面倒をみることを条件に財産を相続させるという内容の遺言を作成しました。

浦和公証センターにて記念撮影

テレビ朝日系”モーニングバード”に出演しました

2014/11/07

11月4日、テレビ朝日の情報番組”モーニングバード”に出演させて頂きました。

出演時の動画です。↓
https://www.youtube.com/watch?v=lpbu1cClOak

”脳腫瘍のため余命半年と診断され、「安楽死する」と公表していた29歳のアメリカ人女性、ブリタニー・メイナードさんが、2014年11月1日に医師から処方された薬を飲んで亡くなった”ことを受けて、日本の尊厳死の現状、特に”尊厳死宣言公正証書”についてインタビューを受けました。

メイナードさんのケースは、”安楽死”にあたり、尊厳死宣言公正証書の延命治療をしないことを望む内容の尊厳死(自然死)とは次元の異なるケースでした。

今後、法制化も含めて、尊厳死・安楽死の議論が深まっていくことを期待します。

夏季休業のお知らせ(7月29日、30日)

2014/07/28

7月29日、30日は夏季休業とさせて頂きます。

電話は携帯電話に転送されるように設定しておきます。

メールの返信が31日以降にさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願い致します。

「尊厳死法案」法制化へ

2014/03/01

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000001-wordleaf-pol

「尊厳死」の法制化の動きがあるようです。
尊厳死宣言書の作成サポートをしている者としては、注視したい動きです。

諸外国でも法制化されている国もあるようです。
デリケートな問題だけに、反対意見も多そうですね。

お問い合わせはこちら

行政書士小山事務所
代表者 行政書士 小山 祐介
所在地 〒333-0807 埼玉県川口市長蔵1丁目2番19号フューチャー21 201号室
TEL 048-446-9988
FAX 048-700-3506
MAIL:info@yuigonsho-sakusei-support.com
営業時間 E-mail相談は24時間 TELは10時~20時まで 土日祝日休み

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab